疲労を取る為の睡眠

そのべ整体院 院長 辻です。

さて、今回は「疲労を取る為の睡眠方法」

というお題でお届けしていきます。

 

今の睡眠に満足していますか?

いきなりですが、自分に問いかけてみて下さい。

熟眠できていますか?、、、、

どうでしたか?

「大丈夫!できてるよー。」と言える方の方がごく少数だとおもいます。

なぜなら、当院によせられる「睡眠」に関するお悩みが後を絶たないからです。

  • 朝起きるのがつらい
  • いつも眠い
  • 疲れが一晩で取れない
  • 寝つきが悪い
  • 変な時間に眠くなる

など、上げればきりがありません。

「先生、睡眠は大切なのはわかるけど、仕事が忙しくて、これ以上睡眠時間を増やせません(T_T)」

「具体的にはどうすればいいのかわからない」

といった声が聞こえてきそうですね。

わかりました。

では、このブログを見てくださっている方に特別に熟眠のコツをお伝えします。

ぜひ、家族や困っている友達に教えてあげてくださいね。

熟眠する為の、「黄金の90分」とは?

睡眠には、「レム睡眠」「ノンレム睡眠」の2種類の波があります

わかりやすくざっくり説明すると、レムの方は脳は起きてるが、体は眠っている状態。

ノンレムの方は脳も体も眠っている状態。

 

そして、寝入り初めはノンレムからスタートし、長さが約90分。

そうです。

 

この90分のうちにどれだけ深く眠れるか?で鉄くずの90分か、黄金の90分かに分かれる訳です。

では、この90分を上手に意図的に作る方法をお伝えします。

黄金の90分を意図的に作る方法

簡単に言ってしまえば、この2つです。

「何も考えない事」脳の電源をOFFに。

「体温」のコントロール

1つ目の「何も考えない」ですが、体や脳が覚醒状態にならないように、寝る1時間前はテレビやスマホを見ないようにするのが理想です。

それが難しい方は、2つ目の「体温をコントロール」を意識して取り入れてみて下さい。

もちろん両方やる方が結果が出やすいです。

 

体温には「皮膚温度」と「深部温度これが睡眠に深く関わっており、この2つの温度の差が入眠前は大幅に縮まります。

このタイミングが来る頃には、お布団の中にいて欲しい訳です。

 

これを意図的に作り出せるのが、「入浴」です。

湯船に浸かって「皮膚温度」と「深部温度」両方あげます。

 

「深部温度」には上がった分、下がろうとする性質がありますので、その性質を利用します。

上がった「深部温度」が、元の温度にもどるまで、約90分。

つまり、寝る90分前に入浴をすませておくと、寝る時にはベストなタイミングで眠気がくることになります。

 

ここで注意!

寝る90分前に入浴をすませられない場合や、すぐ寝たい!と言う場合、湯船にしっかり浸かるのは逆効果です。

「深部温度」がしっかり浸かってしまうことにより上昇し、脳は覚醒状態になってしまい目が覚めてしまいます。

深部温度が上がりすぎないようにぬるめの温度で浸かるか、「足湯」をおすすめします。

シャワーだけより効果が期待できます。

 

なぜなら、熱放散は手足のひらからが主役です。

表面積がおおきく、毛細血管が発達している為、手足を集中して温めると熱放散効果が期待できます。

なので、間違っても靴下を履いたまま寝ないでくださいね。

 

以上のことを実施していただき、黄金の90分を手に入れて熟眠してください。

欲を言えば、熟眠生活、寝不足解消を習慣化して頂き、継続して頂く事です。

自分を変えようと思えば、いつでも変えられます。

 

決断したその瞬間から、行動して頂く事でいつもの行動パターンが変わり、行動が変わると、習慣が変わり、習慣が変わると人格が変わり、人格が変わると、人生が変わります。

勇気をだして1歩踏み出してみてください。

気軽に行動して頂くだけで、その先の人生が変わります。

これを機会に、あなたの人生がより豊かでステキな方へ変わりますように。